各誌のまんがスクールから
まんが作成に役立つポイントを集めてみま
した
キャラ(岩田ナヲヤ先生)
かわいい、かっこいいなどキャラの外見は一目でわかるように、内面では口グセをつけるなど工夫しました
(編集部評)
絵、キャラ作りにセンスがある
世界観や主人公のおかれてる環境などが描けてたら尚よかった
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
アイデア(鳥羽美里先生)
落書きはアイデアの宝庫です
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
プロの心がまえ(深山太陽先生)
自分の敵は自分
自分で限界を決めてしまわずに常に今の自分を超えることを目標にしてください
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
画力(平浜矢陸先生)
絵の上達のためにクロッキーやデッサンをやりました
体、性格、年令差が区別できるように練習しました
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
キャラ(大亜門先生)
見た目でも性格でもいいので
連載作品のキャラと比べてもおとらないような強烈な印象のキャラを作ってください
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
プロの心がまえ(古味直志先生)
「実際になしとげたことは、思いえがいただけの偉大な計画よりもすばらしい」と書いて机の前にはってあります
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
世界観
カラー(主人公は黒、敵は白)やファッションなど、デザインに工夫をこらすことで
主人公と敵の立場のちがいや、キャラの特徴や魅力を引きだせたり、作品(D.Gray-man=モノトーン)の世界観を効果的に演出できる
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
プロの心がまえ(杉田尚先生)
全国の読者にまんがを読んでもらえるので
ネームも絵もいままでの2倍以上ガンバるようになった
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
十二傑受賞の言葉(小山潤先生)
うまくなりたい。というきもちと絵への愛情でていねいに描くことが上達のコツ
(批評)メインのラブコメの部分をもっと増やしたほうがテーマがはっきりしてもっと楽しめたと思います(松井優征先生)
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
画力(藍本松先生)
いろんな漫画やゲームのキャラを頭の中にうかべて自分の絵で描いてみた
ジャンルや種類もさまざまなのでいろいろなものを描きながら楽しく画力UPできた
トップに戻る | 少年ジャンプ(集英社)〜2006 | - | - |
管理人のホームページです↓
別窓で開きます

TAG index Webサイト
日Sun 月Mon 火Tue 水Wed 木Thu 金Fri 土Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
あたらしいカキコ+NEW
コミック誌+CATEGORIES
リンク+LINKS